レイアウトに映える 転属車輛 EF58-105

荷物列車を牽引して瀬戸川橋梁を西下するEF58-105

海風駅で軀を休めるEF58-105

整備手帳

【種車】

KATO 3020-2 EF58 上越ブルー

【整備内容】

○ 屋根上

①ホイッスルカバー取り付け(製品オリジナル)
②信号鉛管取り付け(銀河製)
③避雷器取り付け(製品オリジナル)>
④吊り金具4カ所取り付け(銀河製)
⑤パンタグラフ付け替え
(3049-2 EF58-150宮原機関区ブルー用)
⑥パンタシュー筆差し
⑦スプレーワークにてウエザリング済み(画像参考)

○ボディ

⑦ナンバープレート取り付け(製品オリジナル)
⑧メーカーズプレート(銀河製)取り付け

○運転席

⑨プライマー吹きつけの後、明灰緑色吹きつけ塗装
⑩運転手乗務

○ 下回り

⑪プライマー吹きつけの上再塗装とウェザリングを実施。
⑫誘導員手すり取り付け(製品オリジナル)
⑬カプラーは片側USナックルカプラー,片側ナックルカプラー(ナハフ10用)換装済み。