トワイライトエクスプレス増備

 トワイライトエクスプレスを増備しました。

 一番好きな列車は?

 息子がまだ幼かった頃、入浴したときによく親子で鉄道に関するやりとりをしていました。息子がよく聞いてきたのが、この一番好きな列車は?

 もちろん、私の答えはいつも同じ。

 トワイライトエクスプレス!

 昨年の春の大阪-札幌間の引退に続き、今春はJR西日本管内での特別なトワイライトエクスプレスの運行も終了しました。来春には、トワイライトエクスプレス瑞風が登場するようですが、客車ではないこと。運行もJR西日本管内となること。個人的には、大阪から札幌を目指したこの24系25形の「トワイライトエクスプレス」の魅力には叶いません。

 実車には、妻と5回、息子と4回、家族3人で1回、一人旅で1回、かれこれ11回乗車しました。1回1回すべてが特別な時間-自分の人生での大切な想い出の時となりました。編成も、1編成~3編成まですべての編成に乗車しました。

 当区には、元々KATO製の3編成のみ在籍していました。昨年のTOMIX製「さよならトワイライトエクスプレス」は、既に入線済みの3編成だったので、客車の入線は見送りました。個人的には、KATOに下り最終列車の2編成とEF81-43を出して欲しかったのですが、KATOは上り最終列車の3編成の再生産でした。

 結局、ヤフオクで2014秋に再生産された通常の1,2編成と、さよならセットの牽引機のEF81-44,43,113のみを配備しました。

 この夏の増備を前にして、TOMIX製を整備した1編成と、KATO製を整備した3編成の2つの編成が在籍していました。

 TOMIX製の1編成は、ブックケースもオリジナルの台紙を作成して保管しています。

 

 で、今回は、再生産された10輌フル編成と、限定品で登場した「特別なトワイライトエクスプレス」8輌を、それぞれ2セットずつ増備しました。

 当初の予定は、再生産された10輌編成2セットで、1編成と2編成を整備し、現在在籍している1編成は転属車輛にと考えていました。

 しかし、現在在籍の1編成、やっぱりいいですね。

左が今回増備入線した未整備のスロネフ、右が整備済み1編成のスロネフ

 エンブレムは、くろま屋製のインレタを使って改めて貼っています。製品オリジナルよりも、くろま屋のインレタの方が発色も良く綺麗です。また、実車のエンブレムも、シール上のものを使っているので、その縁取りもリアルかなと思います。


そんなわけで、増備したトワイを眺めながら、うーん、どう整備しようか? 悩んでいます。

2016年07月31日