桂浜の龍馬像は…

 土佐と言えば、「鰹のたたき」です。元旦の夕食は、明神丸の海鮮料理に舌鼓を打って爆睡。翌日はいよいよ桂浜です。


 

 司馬遼太郎の「龍馬がゆく」のでも登場する桂浜、太平洋を臨むこの浜へは、小説で読んで以来の特別な想いがあります。来たい来たいと思って、何年経ったのやら、初めての訪問が、息子と一緒になんて、想像つきませんでした。

 

 

 龍馬像は、想像とは全く違って超ジャンボ! 等身大の龍馬が太平洋に向かって立っているのかと思えば、特大サイズでびっくりしました。

2017年02月05日