18切符の旅 神戸そして、姫路

 今年は珍しくお盆休みが三日間取れました。例年だったら中日が出勤で前後に一日ずつ休みが取れるかどうかというのが普通ですが、今年は珍しく三連休となりました。愛息も髙二となり今年の夏からは受験体制に入りました。息抜きを兼ねて、18切符の三人旅に出来ました。

 今回は、妻の希望を叶えるべく神戸のビフカツと姫路城が目的です。

 東海道本線の終着駅-神戸駅舎は赤煉瓦づくり、歴史と存在感を感じさせます。

 1番線にあるレリーフ?

 5番線ホームより望む側線にあるキロポスト。

 西の丸より望む天守閣

 整理券が必要と聞いていた姫路城ですが、電話を入れたら通常より30分早い8:30より開場しているとのこと。8:20分くらいに入り口に到着、スムーズに入場し途中も待つことなく見学が出来ました。我々が天守閣を後にする頃はすごい人だかりで、天守閣への入城が制限されていました。

 今年は、正月に高知城と松山城を訪れましたが、やはりスケールが違います。天守閣の大きさもさることながら、城郭全体の広さが違います。漆喰の白さは、ちょっと綺麗すぎるかなというのが、率直な感想です。

2017年08月16日